世界の国旗の逆さ掲揚

       2002FIFAワールドカップの用務でタイアップ者と横浜市街を車で走行中、店頭にユニオンジャックが翻っているのが目に
       ついた。「あっ!上下が逆だ」。しばらくして、また、同じ光景に出会った。タイアップ者の旗店に帰り、ソファに掛けたら彼
は、おもむろに「イギリスの国旗に上下がありますか」と小生に聞き及び「あの旗は、うちで売ったものです」。
         小生、答えは「はい」だけでした。

    日本の国会が、衆議院にサッチャー元イギリス首相を迎えた折り、国会議事堂正門に掲揚されたユニオンジャック
     逆さまになっているのを偶然目にしたのは、国旗の権威、吹浦忠正氏である。サッチャーさんの到着前で事無きを得た
      のは、急ぎ直させた氏のおかげである。そのことが、氏の著書に紹介されているが、国会職員にしてこうである。しかし
         旗屋さんは困ります。

逆さ掲揚オンパレード

        
     写真:A        写真:B         写真:C       写真:D  

      
   
     写真:E                写真:F             写真:G
                
  *写真A:韓国 写真B:フィリピン 写真C:イギリス 写真D:イギリス 写真F:イギリス 写真G:イギリス
 *写真C(有名ホテル):最左は旧旗(南アフリカ・・・撮影:1998.12)
*納得できないのは
写真Eのドイツの逆掲揚である。この画像は大手レンタル会社2社のそれぞれの総
  合カタログに印刷されていたものである。広報用として、デスプレイされたスタンドをプロのカメラマンが
       撮影し、企画会社がそれを必要とするレンタル会社へ販売したものと思われる。

  *次は、「おいおい、何だ 何だこれは」、と叫びたくなる世界の国旗の掲揚風景(写真H〜K)である。
      当事者諸氏がハイレベルな公職場の従事者であるが故、その名誉を尊重し施設名や場所は伏せることに。

                 
(時は、平成13年春、背景で想像できるように、数十本のポールがある同じ施設である)         

       
       
写真:H                写真:I              写真:J              写真:K

       まず、逆さ掲揚もよろしくないが使ってはならない国旗が2か国ある。南アフリカ写真Hの左から2本目ルーマニア
        
(写真Jの左から3本目である。両国は、共に周知の政変で国旗も変更された。にも拘わらず旧旗が使われている。
        政変劇は、きのう今日の出来事ではない。
(この2枚、手許にないのでプレミアつけて買い上げておけばよかった、と後悔である。)

       さて、問題の逆さ掲揚は、写真H:左から3本目のスペイン、写真I:左から2本目のフィジー、写真J:ルーマ二アを挟ん
       で左の韓国と右の
ロシア、そして、写真Kのドイツ中国である。40数か国の掲揚で旧旗が2か国、逆掲揚が6か国。
       これは決してヤラセではなく早朝の発見で胸がなでおろされた。・・・どうしてこうなるのか。こちらが頭を傾げることに

  *余談: わが国では、自国国旗を揚げず、デザインが良いのかイギリス国旗や星条旗がよく何らかの店先に飾
         られている。マカロニの店はイタリア国旗、フランス料理店はトリコロール(三色旗)、という具合である


  日本以外の国で、その国の国民がレストランをオープンし軒先やエントランスに自国の国旗を置か
 ず日本みたいに諸外国の国旗だけを置いたら、さて、どうなるでしょう。・・・石が飛んでくる
!?

       おやっ、北朝鮮国旗が逆さま?! (当該旗の五稜星は尖りのひとつが真上になります。)           

      平成18年2月4日から中国北京市で13回目の日朝国交正常化交渉が開かれました。会談初日の様子が下の画像
       です。テーブルのセンターに日本と北朝鮮の国旗が置かれています。まだ国旗を置くのは早いと思うのですが・・・。
            
         兎も角よくご覧ください。
北朝鮮の国旗が逆さまです。席位置を示すこの形の卓上旗は、多分中国側が用意したものと 
 思われます。北朝鮮の代表団は、本国にこの事実がバレていてもお咎め無し。では済まないでしょうね

                            
    
この卓上旗の逆設置、実は日本側はそれを知りながら! 

                    国旗上下の逆掲揚(展示=デスプレイ)は語るまでもなく禁ずることが常識です。当HPもこれを熟知するものです。
                    したがって、この項はこれ以上の議論は必要ないはずです。
                    しかし、
問題の深さが別にあることをお知らせしなければなりません。

                    上記項の掲載から3年の時が過ぎましたが、この間当HPの閲覧者から「国旗の逆掲揚は、ときと場合によっては
                     あり得る」との指摘があるかな?と期待を持ちましたが残念ながらそれはありませんでした。
                    この
「ときと場合」とは、国家の存亡に拘わる他国との戦争状態を指します。このような比類なき重大事に際し国家
                    は自らの手で自国国旗を通常の形でなく上下逆の掲揚をします。勿論そのような国は世界の国家郡の中では
                    非常に数少ないものです。

                    また、個人が他国人と国家次元の問題で対峙している場合も同じ措置を執るケースがあります。国旗を逆さまにし
                    て相手に渡そうとします。つまり挑戦的攻撃的態度の表明です。その時、相手は受け取りを拒否し対峙を中止す
                    ることになるでしょう。
                    さて、日本の外交官は?
 日朝間交渉は両国間に刺さったトゲをとるため幾度の会合が持たれたでしょうか。
                    上記画像で分かるようにこの会談には日朝の国旗がそれぞれのサイドに置かれています。
                             
                      *余談我が国の国旗マナーでは、このような卓上旗も上位下位的に扱いますが、それは誤りに近い間違いです。
                           卓上旗は本来印しです。形式でもあります。ですから両国は未承認国なのでこの席に国旗は不要です。

                         その不要の相手国国旗が逆さまとなれば、日本外交団はこれを看過すべきではありません。彼の国の外交団は
                    想像の範囲を超えたプライドと忠誠心を自国共和国に持ち、この対日外交に臨んでいると思われます。したがって
                    参加メンバーの全てがこの事実を見逃すことはないでしょう。
                    日本外交団は外交交渉の相手国国旗が逆掲揚・逆設置されていることを彼らの特別な意思表示、又はある種の
                    態度表明と理解すべきです。相手の対応如何では、笑顔を見せるでなく席を立つ自尊も必要です。
                    国旗とは、そのようなものでもあります。
                              
                    
************************************************

                    G8サミット(洞爺湖サミット) このハイレベルな会合行事でも・・・・・・・・・・・・

     イギリスが逆さまです。 (この項更新:平成22年2月10日) 

        お願い:最近、当サイトからと思われる情報が、他のWeb更新に使用されています。その場合ご一報いただければ幸いです。


                   為になるトピックス;アラビックは普通じゃない                        TOP へ   

              為にならないトピック;・・・・・・・・・・