国旗の取り扱い;U

国旗のタテ掲揚

      さまざまな国際イベントで、場所によっては屋内外で掲揚する国旗をバナーのように縦型に吊るします。
      下記は、その例です。


       しかし、国内情報には情報不足誤りもあります。下の画像はその一部です。

                 

        左は、国旗図鑑から。右の画像は、あるホームページの参考画像である。両画像で興味があるのは、カン
       トン部と言われるところにある紋章等が右方(人が見て左)にあること。政府関係機関の国旗掲揚マナー
       ブックにも「星条旗やマレーシアなど、旗の左上部の小区画(カントン)がある国旗に
ついては、必ずカント
       ンが向かって左上部にくるようにしなければなりません」、と情報提供もされているのでこの限りでは正しい

       しかし、カナダやドイツ、その他ここには無いがロシア、フィリピン等のように
カントンがない国旗を縦に吊
       るす場合は
どうしたらいいのだろうか?この点に疑問が寄せられていない。同時に政府機関からも情報の
       提供がない。世界の国旗の大多数はカントン無しである。
       公開されている街の旗屋さんのホームページや国内出版社の国旗図鑑の内容は、政府機関に右へ倣え
       で余りにも画一的である。
       上記、二例の場合、国旗図鑑のカナダ、ドイツは
誤りである。両国旗とも、このような場合は左右の向きを
       逆にしなければならない。一方、参考画像のマニュアル内容は、当該旗の掲載がないので断定はできな
       いが、画像の説明で、政府関係機関のマナーブックと同主旨の記述があった。
       諸外国国旗の縦型掲揚は、小区画(カントン)の有無に関係なくその国の宗教、民族、方向性等によって
       左右の向きが決まる。また、一般論から言っても、社会通念は右方を優位としている。このことは洋の東
       西を問わない。したがって、「・・・カントンが
ある国旗については」、と限定しないことが肝要である。
       特に、各
自治体の国際課国際交流協会が提供するマニュアルの作成に注意が必要。
       リヒテンシュタインもこのことで議論あり。有名出版社の国旗図鑑は、当該旗をタテにすると向かって右の
       王冠が横向きになるので、王冠は上向きに90度角度を変えること。との主旨を記述している。
       しかし、それだけでは正しくない。その王冠は青の地色とともに
右方(向かって左;下段の画像A)におくこ
       とになっている。

 
          参考例 (上段は通常旗の場合・下段はその正しいタテ仕様:左四例)

                 
           カナダ         ドイツ            イラク       リヒテンシュタイン

                          
         カナダ      ドイツ       イラク      リヒテンシュタイン(A)         同(B)     

         リヒテンシュタイン(B)は著名な学者編集の国旗図鑑で説明されているものです。王冠の角度変更
        だけでは正しいと言えません。
        イラクは、文字の向きに注意しましょう。又、一般的に国旗の紐やスリーブはホイスト側につけます
 
       がアラビックの旗は、中国やアメリカと違い右側につけます。(画像のイラク国旗の文字は旧のものです)

         
イラク国旗は今年(平成20年)二月、新国旗に。国旗のデザイン変更でホトホト困るのは製造元である昨年はセル
          ビア・モンテネグロがそれぞれ分離独立。これが又、複雑な紋章入りである。

          世界の国旗は、産業先進国がデザインがシンプル。対して、いまニュースから目を離せないチベットや発展途上
            国は概して国旗のデザインが複雑である。これは、偶然なのかな
!?    
(この項更新;平成20年3月)
       
        
下のニュース写真は、1999年のドイツ・ケルンサミットの記念風景です。ドイツ国旗はしっかり3カラー
      のうち黒色を正しく右側(向かって左)においています。しかし、カナダは向きが逆になっており正しくあ
      りません。これは ドイツ政府のミスです。アメリカの星が見えないのが残念です。
           

                  (G8の向かって左端は故小渕元首相)

      なお、諸外国の国旗には、エチオピアやオランダ国旗のように原則として普通仕様(紐付き)の国旗を
      縦に吊るして掲げることが認められないものがあります。その他、スロバキア、サウジアラビア、そして
      朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)などには縦型の専用旗があります。

                                                  
 
              ☆      ☆        

      国旗を縦型で吊るす場合、一般に横長の通常旗を向かって右に90度角度を変えるもの。と理解され
      ています。多数のホームページにもそのような紹介があります。しかし、国旗の縦型はそのような概念
      のものではありません。

      ここに紹介しましたのは、縦型のスロバキア国旗です。決して、片面を×2したものではなく、正しく両
      面を紹介しました。90度の角度変更しただけのものとは、全く趣を異にします。

        このような画像を、各社の国旗図鑑や政府関係機関の情報資料で見ることはありません。

       エピソード 数年前、九州中央部の温泉町Y市で、ハンドボールアジア選手権大会が開かれました。下の写真A,Bは、その
               
同じ会場の同じ位置です。掲げられているNOC(国・地域)旗の朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)に注目し
               
てください。写真Aと写真Bに違いがあります。

               当初、写真Aを所定の位置に設置しました。ところが会場に入った北朝鮮選手団から「国旗」(NOC旗)に違いが
               ある。とクレームがつきました。約3時間の話し合いの後、当事者からの申し入れということで、この事態(日本
               側からのクレーム)を予測して用意していた通常旗を写真Aの当該旗に替えて設置しました。それが写真Bです。

               五稜を持つ当該旗の星は、縦に掲げる場合、そのひとつが真上になるようになっています。当事国の関係者か
               らは、このことを歓迎こそされ反対の憂き目に遭うがごときは大いなる???です。しかし、さすが彼の国と思いま
               したのは、「自国国旗に異常あり」と気がつくその早さです。過去、沢山の国際行事を経験した中で、このような
               事例(色合いやデザインで)が他に皆無であれば尚更です。

                           
                             画像A                        画像B                *参考:世界柔道   

                上海万博が開幕しました。参加している国・地域の数は200以上となり前回開催の「愛知博」を超えました。
             参加国に、北朝鮮がありパピリオンの正面にはこの国らしく大きな北朝鮮国旗がタテ型で設置されています。
              勿論、その国旗のデザインは、上記「画像A」と同じタテ型専用となっています。 

             このような特殊旗を保有している団体は、日本国内では北朝鮮の出先機関と、世界の旗社だけのようです。

          北朝鮮が、「人口衛星」搭載のロケット発射を予定していると発表しました。今日、発射台のロケットが記者団に公開
されましたが垂直状態のロケットボディーに大きく縦型のデザインで。
   
                                                     (この項更新:平成24年4月9日)
 

    
      この形は前記例に限らず、このように国旗の縦掲揚は単に横長のものを90度の角度変更で可と
        することではないことが分ります。
ついでに、もう一例(ボスニア・ヘルツェゴビナは、極めつき)        

        ネパールの国旗は、一般の国旗のように4角形ではありません。単純に右90度で縦型にする
「喪に服する」、ということになります。・・・・ご注意を!

                             
続きは次のページです。           〓この項更新日;平成26年5月11日〓

      お願い:最近、当webサイトからと思われる情報が他のサイト更新に使用されています。そのような場合、ご一報いただければ幸いです。


お問い合わせ;世界の旗社 広島市佐伯区観音台一丁目39-12  電話 082-208-2247