旗ざおの由来・・・・・街の旗屋さん、以外と知らないですよね
                      
歴史(古典)に興味がある人は案外知っているかもしれません。

     奈良の橿原に、神武天皇が大和の国の平定を願い、政の拠点を構えます。その東征の途中で・・・「長髄彦が
    
手向かってきました。その時、一羽の黄金の鵄が飛んできて天皇の御弓に止まり、キラキラと光り輝きました
    ので、皆、その御光の下に心服しました」
と日本の神話は伝えています。

    注
;FIFA W杯ブラジル大会出場に大きく踏み出した日本チーム。いよいよ期待がよせられます。
      この日本チームメンバーの胸に輝くシンボルは、
八咫烏(やたからす)です。W杯優勝に導いてほしい、という
      願いが込められて。

      この八咫烏(やたからす)と金鵄が「神武天皇」をキーワードに国民が混同、又は同一視しているようです。
      金鵄より八咫烏(やたからす)の方が名高いからでしょうか?
      しかし、古典はその違いを私たちに迷いなく教示しています。 混同しないようにしましょう。


    弓は馬力を出すために、板が束ねられたものです。この弓を束ねた「籐」が旗ポールの白いところです。そして
    ひかり輝く金鵄が旗頭の金球の故事来歴です。

    ですから、ものの本にいう、日章旗の旗頭は「丸い玉」に。とはあまり意味のないことです。
    しかし、ある人が「玉は徳を表す」とも言っていました。自治体首長室の旗ポールの旗頭が日章旗は玉で外国
    旗が矢じりであるなら、これもまた、国民性や民族性が見えるようです。丸の立方体が玉です。徳の詰まった
    人びとが玉のように硬く結び合って国は栄えます。さて、昨今は・・・。     

              
        
      おなじみの国旗セット             物事に無意味はない     絵と文 ( 「・・・」内は
                                                             み国始めの物語
ヨリ

     
チャンス!由来のヒント続いて、NHKの大河ドラマは時代物です。先週放送分で、山内一豊にを射た
           
          敵将の持つ弓が、実にこのことを表していました。 (更新日:平成18年3月4日)                

           由来のヒントU今場所(名古屋場所)も外国出身力士の活躍が目立ちました。この大相撲の
                    全取り組みの後に
「弓取り式」があります。関取衆の汗も散ってる毎日の土俵
                     を清める儀式の
「弓」にご注目下さい。鮮明な発見があるでしょう。  
             
           由来のヒントV「風林火山」は時代物TVドラマの馴染み番組です。またまた出ました!NHK。
                     武田信虎側近の弓は、〜白はより白です。

     これはどうでしょう別の武者絵です。弓にご注目
                 
ご覧になって「なるほど」と、お気づきでしょう。
                 神話の言い伝えが戦国時代、近代を経て白黒旗竿・金球が、いま、国旗セットとなり
                 ホームセンターでも売られています。

                   
            
                JR富士駅構内で 

              由来のヒントWNHK大河ドラマ「平清盛」。出演者の持つ弓はいろいろですが、主人公の手
                     にある弓は実に今日的で「白黒」が鮮明です。小道具担当に識者ありでしょう。

                                                             *更新日;平成24年11月16日

      最近、当Webサイトからと思われる情報が他のホームページ更新に使用されています。ご一報戴ければ幸いです。          


このホームページ作成者:世界の旗社 広島市佐伯区観音台一丁目39-12 電話 082-208-2247 FAX 082-921-6544